足によりフィットして走りやすい子ども靴

写真拡大

アシックスは、子ども向けスポーツシューズ「TOPSPEED MINI-zero(トップスピード ミニ ゼロ)」と「TOPSPEED Jr.-zero(トップスピード ジュニア ゼロ)」を2016年1月29日に全国の百貨店、スポーツ用品店で発売した。

2本のベルトを使い、一方は内側から、もう一方は外側から締める「クロスベルト」を採用。足とシューズの間に生じる隙間を減らした高いフィット性が得られる。また、人工皮革の補強を外側の側面に大きく配すことで、接地時の足の力を逃げにくくし、前進しやすい。

靴底は、体重がかかりやすく蹴り出す際の軸となる母趾球部分に大きめのポイント意匠を配し、足の運びをサポートする。キック力を効率よく路面に伝え、前方へ推進しやすい。また、前部全体に、多方向にエッジが効き、優れたグリップ力を発揮するY字型の意匠を配すとともに、屈曲溝を2カ所に設け、足の動きに沿って曲がりやすくしている。

ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)は、アスリート向けのスポーツシューズに使われている独自開発の軽量スポンジ材「Solyte(ソライト)」を採用。高いクッション性を保ちながら軽量化を実現している。

明るいグリーンとオレンジをベースとした2タイプを用意。光沢感を持たせアシックスストライプに細かいラインを入れるなど、見た目も軽く速さを感じさせるデザイン。

価格(税抜)は「トップスピード ミニ ゼロ」が6200円、「トップスピード ジュニア ゼロ」が6700円。