28日、AFP通信によると、中国の芸術家で人権活動家の艾未未氏は27日、デンマークで当局が難民申請者の財産を没収できる法案が可決されたことに抗議して、首都コペンハーゲンで開催していた作品展を打ち切った。写真はコペンハーゲン。

写真拡大

2016年1月28日、AFP通信によると、中国の芸術家で人権活動家の艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏は27日、デンマークで当局が難民申請者の財産を没収できる法案が可決されたことに抗議して、首都コペンハーゲンで開催していた作品展を打ち切った。

艾氏は27日、自身のフェイスブックとインスタグラムで、デンマークで当局が難民申請者の財産没収や家族の呼び寄せを制限する法案が可決されたことに抗議し、開催中の作品展を打ち切ることを決めたと発表した。作品展は昨年3月から今年4月中旬まで開催予定だった。

この報道に、米国のネットユーザーからは、艾氏に対する批判の声が寄せられている。

「艾未未、荷物をまとめて中国に帰ってくれ。中国は何人の難民を受け入れたんだ?ダブルスタンダードだな」

「彼の国では何人の難民が受け入れられているんだ?」

「この人物はあらゆる出来事を利用して自分の富を増やしている」

「人は1度トラブルメーカーになると、その後もずっとトラブルメーカーになる」

「難民申請者たちを艾氏とともに生活させればいい」(翻訳・編集/蘆田)