FUJIWARA・藤本敏史

写真拡大

28日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、FUJIWARAの藤本敏史が、「iOS」の音声認識機能「Siri」(シリ)に「OK Google」(オーケー・グーグル)と、話しかけたときのエピソードを語る場面があった。

番組では「まだまだiPhone使いこなせない芸人」と題し、出川哲朗や博多華丸、藤本らが集まり、iPhoneにまつわる失敗談を披露したり、操作のレクチャーを受けたりしていた。

番組序盤「あなたのお悩み解決します!!」のコーナーで藤本が、テレビCMでよく見る「OK Google」をSiriでやってみたところ、「おもしろい冗談ですねとバカにされた」と明かした。

そしてスタジオでは、SiriをONにした状態のiPhoneで、実際に藤本が試してみると「おもしろい冗談ですね。座布団をさし上げるほどではありませんが、おもしろいです」と返事があった。これにはほかの出演者からも驚きの声があがり、藤本は「完全にコケにしてくるやろ!」と、Siriにバカにされているようだと主張した。

iPhoneに詳しい芸人として出演していたサバンナの高橋茂雄によると、「OK Google」は基本的にはAndroidスマートフォンやGoogleアプリで使用する呼びかけで、Siriには使えないという。「おもしろい冗談ですね」は、Siriが「ヤキモチ」を焼いて、皮肉っぽく言っているのだと説明した。

すると藤本は一転「オレが、すごい失礼なことしたってことやね」と反省しはじめた。なお「OK Google」は「検索をいまから始めますよ」という呼びかけだそうで、Siriの場合は「Hey Siri」と呼びかけると、音声認識が起動するのだという。



【関連記事】
なかやまきんに君が「アメトーーク!」で失態連発 出演者から総ツッコミ
雨上がり決死隊が「アメトーーク!」のギャラは「むちゃくちゃ安い」と暴露
木下優樹菜がNON STYLEの漫才に「マジ神」 夫・藤本敏史はショック受ける