29日、韓国メディアによると、著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして起訴された韓国世宗大学の朴裕河教授に対する裁判で、一般市民が陪審員として裁判に参加する国民参与裁判を適用するか否かの決定が延期されることになった。資料写真。

写真拡大

2016年1月29日、韓国・ニューシスによると、著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして起訴された韓国世宗大学の朴裕河(パク・ユハ)教授に対する裁判で、一般市民が陪審員として裁判に参加する国民参与裁判を適用するか否かの決定が延期されることになった。

ソウル東部地裁は29日、「被告人と検察が証拠として提出した資料を把握し、『帝国の慰安婦』の初版本を読まなければ、国民参与裁判の適用が可能かどうか決定することができない」と明らかにした。また、検察側は「国民参与裁判の適用に反対しない」との立場を示している。

これについて、朴教授は「裁判所はとても慎重になっているようだが、ある意味正しい決定だと思う」とし、「韓国国民に慰安婦問題を正確に理解してほしいとの思いで本を書いた。国民参与裁判とすべく、今週末にもフェイスブックで『帝国の慰安婦』ファイルを無料配布する」と明らかにした。国民参与裁判適用の可否が決まるのは4月以降となる見通し。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「国民参与裁判で『慰安婦は売春婦』と発言したらとんでもないことになる。石が飛んでくるかも…」

「国民参与裁判をしたらむしろ不利になると思う」

「朴大統領が証人として裁判に参加するなんてことはないよね?」

「総選挙が終わるまで延期するつもりだろう」

「親日政府からお金をもらって本を書いたんでしょ?最後まで政府が守ってくれるだろうから心配いらないよ」

「なぜ韓国で大学教授として働いているの?日本の政治家になればいいのに」(翻訳・編集/堂本)