小林が日本勢トップをキープ!(撮影:ALBA)

写真拡大

<SMBCシンガポールオープン 2日目◇29日◇セントーサGCセラポンC(7,398ヤード・パー71)>
 初日が日没サスペンデッドとなったことにより、スケジュールが乱れた『SMBCシンガポールオープン』。第2ラウンドもスタートスケジュールが大幅に遅れ、全選手のホールアウトは厳しい現状。第2ラウンドも3日目にずれ込みそうだ。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 そんな中、韓国のソン・ヨンハンが1イーグル・7バーディ・1ボギーで“63”をマーク、トータル9アンダーに伸ばし単独首位に躍り出た。2打差のトータル7アンダー2位タイには小林伸太郎とアン・ビョンハン(韓国)が並ぶ。続くトータル5アンダー4位タイに谷原秀人とキース・ホーン(南アフリカ)がつける。
 第1ラウンドを1打差の4位につけたジョーダン・スピース(米国)は現在パープレーで4アンダーのまま、順位を6位タイに下げた。また、他の日本勢ではトータル3アンダー11位タイに高山忠洋と稲森佑貴。トータル2アンダー21位タイに池田勇太、川村昌弘。トータル1アンダー30位タイに宮里優作、堀川未来夢がつける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>