2月2日(火)発売の「ハートチュロ」(写真右、130円)と2月9日(火)発売の「モッチリングダブルショコラ」(写真左、100円)

写真拡大

オリジナルデザートブランド、「ウチカフェスイーツ」を展開するローソン。1年を通じて、本格的なスイーツを次々と世に送り出している同社だが、バレンタインシーズンはとりわけ、気合いの入ったチョコレートスイーツが目白押しとなっている。

【写真を見る】パティスリーで流行中のスイーツがローソンに登場!「テリーヌショコラ」(230円)は、赤ワインとの相性も抜群

そこで今回は、スイーツ好きの記者が試食会に参加し、全ラインアップをひと足早く実食!2月2日(火)と9日(火)に発売される新商品の中から、特におすすめしたい5品を紹介しよう。

■ 「テリーヌショコラ」(230円)

まずは、開発担当者も一押しするトレンドスイーツをピックアップ!2月9日(火)発売の「テリーヌショコラ」は、ねっとりとした食感とチョコレートの濃厚な味わいが絶妙な、大人のためのスイーツだ。

カカオの産地にこだわる“Bean to Bar”の流行を意識し、3種類のカカオをブレンドしたチョコレートを使用。ドミニカ産とマダガスカル産、サントメ産を用いている。さらに、芳醇な香りを引き出すため、熟したダークベリーの香りを特徴とする南仏のオーガニックワインを配合!

一口食べてみると、カカオやワインの奥深い味わいが口いっぱいに広がり、甘さは驚くほど控えめに作られていた。担当者は「赤ワインと一緒に少しずつ味わう、大人の食べ方をお楽しみいただければ」とアピールしていた。自分への“ご褒美スイーツ”としてぜひおすすめしたい。

■ 「マカロン 3個入り」(395円)

2月9日(火)より販売される同商品は、気軽なプレゼントに最適なマカロンの3個セット。定番商品でも人気の「あまおう苺」と、ハート模様がかわいらしい「バニラ」、ショコラ界の流行を取り入れた「ブロンドチョコ」の3種類がそろう。

ブロンドチョコレートは、ブラック、ミルク、ホワイトに続く“第4のショコラ”と呼ばれ、チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」でも熱視線が注がれるチョコレート。担当者も「あまりのおいしさに一目惚れした」と話す話題のチョコレートを、ローソンの商品に初めて使用している。

キャラメルを焦がしたような香ばしさと、ほのかな塩味を持つブロンドチョコレートの個性を生かした、新感覚のマカロンをお試しあれ!

■ 「チョコロールケーキアイス」(215円)

2月2日(火)、「プレミアムロールケーキアイス」の第2弾となるチョコレート味がついに登場!「ウチカフェスイーツ」を代表する看板商品、「プレミアムロールケーキ」の上にアイスクリームを乗せた第1弾は、テレビ番組でも紹介され大きな話題を呼んだ。

今回の新作は、「プレミアムチョコロールケーキ」と同様に、バリーカレボー社のチョコレートを使用している。程よい甘さがありながらも、すっきりとした後味のアイスクリームも絶品だ。しっとりした食感のロールケーキに口溶けの良いアイスクリームが絡み合い、リッチな味わいを楽しめる。

■ 「純生クリームチョコレート 9粒」(280円)

2月9日(火)に発売される「純生クリームチョコレート 9粒」は、なめらかな舌触りが秀逸な生チョコレート。ミルクの風味豊かな純生クリームを使用し、濃厚な味わいに仕上げている。

まったりとしたチョコレートが口の中でゆっくり溶けていき、幸せな気持ちで満たされること間違いなし!このクオリティで280円?と驚かずにいられない、コスパの良さも魅力だ。

■ 「モッチリングダブルショコラ」(100円)

最後に紹介するのは、ワンコインでバレンタイン気分を満喫できる絶品ドーナツ!チョコレート生地の「モッチリング」にビターチョコレートをコーティングした一品だ。「生地のモチモチした食感と、チョコレートとのバランスにこだわりました」と担当者。

生地がしっとりしている上にチョコレートも甘さ控えめのため、全体的にあっさりとした仕上がり。飽きることなく、モチモチの食感を最後まで堪能できる。

本格的な味わいはもちろん、シーンに合わせて選べる品ぞろえの良さもうれしい、ローソンのバレンタイン商品。この機会にお気に入りの一品を見つけてみてはいかが?【東京ウォーカー】