写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウェザーニューズは1月29日、同日から1月30日までの雪情報を発表した。

同社によれば、1月29日から30日にかけて、南岸低気圧の影響で東日本の内陸を中心に広い範囲で雪となる見込み。甲信〜関東北部では10〜20cmの積雪となり、関東の平野部でも広範囲で積雪が予想されるとしている。都心では、29日の日付が変わるころに雨が雪に変わり、1〜3cm程度の積雪となる可能性がある。また、30日の朝は交通機関が乱れる恐れがあるため注意が必要となる。また、30日の夕方以降も甲信〜関東では「芝生にウッスラ」程度ながら、再度積雪の可能性があるため最新の情報を確認するように呼びかけている。

同社はスマホアプリ「ウェザーニューズタッチ」で29〜30 日の雪情報を伝える「最新雪情報」の配信を開始。「最新雪情報」では、各地の積雪予想マップや雨・雪のピーク時間・積雪情報が確認できる「大雪ピンポイント天気」や、交通気象センターによる航空・鉄道・道路への影響を事前にチェックできる「交通影響予測」を見ることができる。