デロリアン、時を超えた「復活」

写真拡大

デロリアン・モーター・カンパニーが、映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』で人気を博した「DMC-12」の「新車」を製造することになった。

「デロリアン、時を超えた「復活」」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-8221559120_44202b37f9_k

2/3Jack Snell @ Flickr

Back to the Future DeLorean Time Machine

3/3マニアが作成した「デロリアン・タイムマシン」IMAGE:Oto Godfrey and Justin Morton at Wikipedia

米国の自動車メーカー、デロリアン・モーター・カンパニーが1981年に発表した「DMC-12」は、1982年に同社が倒産した後、ひっそりと忘れられる運命にあったのかもしれない。だが、1985年の映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』で主役級の働きを見せたことで、一躍脚光を浴びた。

DMC-12は、1981年から1982年12月までの間に、北アイルランドにあるデロリアンの工場から8,500台以上が出荷されたが、創設者ジョン・デロリアンが麻薬売買の罪でFBIに逮捕されたなどのスキャンダルも連続し、社運が尽きてしまった。しかし、映画の登場人物「ドク」こと「ブラウン博士」が、「フラックス・キャパシター(次元転移装置)」を使ってデロリアンをパワーアップしたことで、このクルマはマニアたちの世界で象徴的な地位を得た。

そして間もなく、新品のデロリアンが買えるようになる。北アイルランドではなく米国のテキサス州ハンブル市で、デロリアンの製造が再開されようとしているのだ。

テキサスを本拠地とするデロリアン・モーター・カンパニー社は、倒産した同社の前身とは直接のつながりはないが、長年DMC-12の部品を供給し、レストアを請け負ってきた。そして最近、自動車の少量生産メーカーに対する法律が改正された結果、同社は新車も製造できるようになった。

2015年の陸上交通再認可・改革法は、交通に関する多くの異なる法案をまとめたものだ。その中に、年間製造台数325台未満であるならば、(エアバッグや衝突テストといった)現在の安全規定を満たさずとも、レプリカ車をつくってよいという内容が含まれている。

それでも、米国環境保護庁が設けている現在の排出基準は満たさなければならない。そのため、オリジナルのDMC-12が搭載していた、プジョー、ルノー、ボルボが共同開発したV6エンジンは使わないという。

デロリアン・モーター・カンパニーのスティーヴン・ウィンCEOがヒューストンのテレビ局「KPRC2」に語ったところによると、最終的な販売価格は、古いエンジンの代わりにどのエンジンを採用するかによるが、10万ドル近くになるという。

デロリアンの電気自動車版がつくられるという話もあった(日本語版記事)が、こちらの方は、ここしばらく話題に上っていない。

TAG

Ars Technica USBack To The FutureCarDeLoreanGallery