ダイエットしても痩せない原因は、睡眠不足にあるのかも? 睡眠不足の弊害はたくさんありますが、太ってしまうという結果も出ているのです。夜更かしがクセになっているあなた、大丈夫ですか?

睡眠時間が短いほど肥満の危険が!

アメリカのコロンビア大学で行われた研究によると、平均睡眠時間が7時間のグループを基準とした場合、6時間睡眠のグループは23%、5時間のグループは50%、4時間以下のグループだと73%も肥満度が増す確率が高くなるという結果が出たそうです。日本人のデータを分析した研究でも同じような結果が出ており、約2万人の日本人男性で、睡眠時間が5時間以上の人に比べて5時間未満の人は肥満になりやすいことが分かっています。

食欲ホルモンのしわざだった!

睡眠不足が太る原因のひとつは「レプチン」と「グレリン」というホルモンが関係しています。レプチンは脂肪細胞が分泌する満腹ホルモンで、代謝アップや食欲抑制の命令を脳に送っています。対するグレリンは胃から分泌される空腹ホルモンで、血糖値の上昇と食欲増進の命令を出しています。睡眠時間が短いと、レプチンの分泌が減ってグレリンの分泌が増えることが分かっています。その結果、代謝は落ちるのに食欲が増えるから太りやすくなるのです。また、グレリンが多いと高脂肪食や高カロリー食を欲するようになります。夜中なのにラーメンや甘いものが欲しくなるのはこのため。

起きているとついつい食べちゃう……

良くないとわかっていても夜更かしすると小腹が空いて何か食べたくなりますよね。本来、人間の体は夜間は休んでいるもの。夜中に食べてしまうことで胃腸に食べ物が入ったまま眠ることになるため、胃腸が休まらないばかりか、口臭や便秘の原因にも。ぽっこりお腹も夜食のせいかもしれませんよ!

規則正しい睡眠をとるようにすればホルモンバランスの乱れは修正され正しいサイクルに戻ります。アンチエイジングのためにも夜更かしはせず、美しくなれるイメージを持って眠りにつきましょう。


writer:しゃけごはん