2016年1月29日、台湾行政院主計処が、台湾2015年の経済成長率を発表した。

 報告によると、台湾2015年第4四半期(10月―12月)のGDP成長率は、2014年同期比0.28%のマイナスとなった。
 2015年全年のGDP成長率は、2014年比0.85%増。マイナス成長は逃れたものの、1%成長を維持できず、6年ぶりの低成長にとどまった。
 
 
(China Press 2016:IT)

%E5%8F%B0%E5%8C%97.jpg