29日時点の「大雪注意報」地域

写真拡大 (全2枚)

 気象庁は29日、1月30日から2月5日にかけての天気予報を発表した。北日本から西日本にかけて、雨または雪が降る予報となっている。

 とくに北日本と東日本の太平洋側で、明日(30日)にかけて低気圧の影響で大雪となるおそれがあるとのこと。日本海側も引き続き、気圧の谷や寒気の影響で雪または雨の降る日が多いとみられる。

 現在、北海道の一部と茨城県に暴風雪の注意報が出ている。また長野県・埼玉県・群馬県なども、大雪の注意報が出ている。

 都内では29日午後より、雨が降り始めているが、夜には雪に変わり、5センチ程度の積雪が予想される。一部交通機関や商業施設では、すでに注意を呼びかけている。

■関連リンク
気象庁 | 週間天気予報