武田真治

写真拡大 (全5枚)

俳優の武田真治が29日、都内にて、東海テレビ・フジテレビ系の特別ドラマ『日本のヴァイオリン王 〜名古屋が生んだ世界のマエストロ 鈴木政吉物語〜』(2月14日放送)のPR会見に出席した。

今作の背景は、幕末の名古屋。日本のヴァイオリン王と呼ばれた鈴木政吉の"型破りな生き様"を描く、ドキュメンタリー・ドラマを紹介した。

その"型破りだった"というエピソード。二人の妻と同居し、9男4女をもうけた私生活も描かれている。

会見途中、司会者から「妻が二人いるんですね」という質問を受けると、武田がニヤリ。「いま(不倫問題は)タイムリーですね」と発言し、笑いを起こした。

ベッキーの不倫騒動を引き合いに出し「僕がここで、どう振舞うかで、今回の宣伝効果が変わってくるかも」と続けた。

すると、司会者が慌てて「武田さん、(触れるのは)チョットでいいです。さらっとお願いします」とブレーキを踏まれる事態になった。

気を取り直した武田は、真剣な表情に変わって「誰も傷つけていないからいいんじゃないでしょうか」と回答。「一代でヴァイオリン帝国を築き、社会的にも成功。家庭でも、9男4女という13人の子供を育てたというのは、立派です。誰にも嘘をついていないところもありますね」と自らの意見をまとめていた。

会見の途中には「文春の発売日なのに、集まってくれてありがとう」と悪乗りした発言も。関係者が心配、ヒヤヒヤしている様子を察したのか「ふざけ過ぎました」と反省する一幕も。それでも、最後は「自分がやってきたことを信じて進み、それを否定して、更なる高みに登っていく人物だった。人生の戦い方が面白いので、ぜひ見て頂きたい」としっかりアピールしていた。

そして、劇中で妻を演じる笛木優子と中村ゆりがサプライズゲストで登場。放送日にちなんで、ヴァイオリンを模したチョコレートをプレゼントしていた。

▼ (左から)笛木優子、武田真治、中村ゆり

チョコレートで作ったヴァイオリンを披露。「手に持っても溶けにくい」との説明も


▼ 武田真治



▼ 笛木優子



▼ 中村ゆり