写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アシストは1月28日、データウェアハウス最適化のための中核ソリューションとして、データクレンジングに必要なソフトウェアとハードウェアをパッケージとして提供する「ビッグデータ・クレンジングパッケージ」を提供開始した。

「ビッグデータ・クレンジングパッケージ」は、分析用データを蓄積する基盤として活用が広がっている「MapR Enterprise Edition(M5)」、IAサーバ「HP ProLiant DLシリーズ」、ETLツール「Syncsort DMX-h」、各種技術支援サービスを組み合わせて提供するもの。

同パッケージは、データベースのライセンスコストおよびストレージコスト、データ収集や加工といったデータクレンジングに要するコストを低減する。

同社は、同パッケージの提供開始に合わせ、1月21日より「MapR版Syncsort DMX-h Sandbox(トライアルキット)」のダウンロード提供を開始している。

これは、「Syncsort DMX-h」と「MapR」を同梱したVMWare Player用仮想マシン。自社にHadoop環境がなくても、Hadoop上でビッグデータをクレンジングするためのETL処理の開発と実行が体験できる、トライアルキットに含まれるサンプルのデータとアプリケーションで、売上集計、差分抽出、Webログ集計、文字列カウントの4つのジョブをチュートリアルに沿って実行することも可能。