台湾・台南市、同性パートナー登録制度導入へ  証明書も発行の方針

写真拡大

(台南 29日 中央社)台南市の頼清徳市長は27日、同市で同性カップルの関係を認めるパートナー登録制度を導入すると発表した。

頼市長はこの日、市政会議で民政局に対して速やかに準備を進めるよう指示。登録申請があった場合、戸籍謄本にパートナーの存在が明記され、証明書も発行する方針。

台南市ではLGBT(性的少数派)の主張を尊重、理解していると強調。同性パートナーを取り巻く権利と利益の保障と支持を行動で示すとしている。

台湾では昨年から高雄、台北、台中各市が相次いで同制度を導入している。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)