写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Dropboxは1月28日、Microsoftの製品と新たに2つの統合機能を発表した。今回、発表した統合機能はOffice Onlineの共同編集機能(co-authoring)との統合と、Outlook.com上におけるファイル共有となる。

Office Onlineの共同編集機能との統合では、Dropbox上で1つのOfficeドキュメントについて複数の人とリアルタイムでコラボレーションすることが可能となった。メンバーが同時に同じファイルを編集できるため、例えばレポートを編集したり、プレゼンテーションを仕上げなければならない時、メールで何度もコメントを送ったり、さまざまなバーションのファイルのやり取りの必要がなくなる。同機能は28日から提供している。

使用方法はブラウザからDropboxにアクセスし、共有フォルダ上のWordやExcel、PowerPointファイルをOffice Onlineで開き、フォルダを共有しているメンバーと同時に作業することができる。ファイルの編集時には、共同作業者が変更しているのを確認したり、コメント機能を用いてコミュニケーションを取ることもできる。

また、変更は自動でDropboxに保存され、自分がファイルを閉じても他のチームメンバーは作業を継続することが可能だ。この機能は、Dropboxの個人用アカウント(Dropbox Basic/Pro)のユーザー、およびMicrosoft Office 365のライセンスを持つDropbox Businessのユーザーが利用できる。

一方、Outlook.com上におけるファイル共有ではメールを送る際に、Dropboxからファイルを選んで直接送ることが可能となり、ファイル共有を容易にした。これにより、添付ファイルの容量制限を気にすることなく、またオフィスや外出先などどこにいても、必要なファイルにアクセスし、共有することができる。同機能は今後、数週間以内に提供される予定だ。