28日、中国版ツイッター・微博で、甘利明経済財政・再生相の辞任について伝える投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。イメージ写真。

写真拡大

2016年1月28日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、甘利明経済財政・再生相の辞任について伝える投稿があった。

投稿者は日本メディアの報道を引用し、甘利経財相が28日午後、記者会見を開き、合計100万円の政治献金を受け取ったことと、秘書が300万円を受け取り個人的に使用したことを認め、辞任を表明したと伝えた。

このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これには笑ってしまうしかない」
「これは地方の小役人にも笑われる額だな」
「こんなわずかな金額で辞任なんて、中国人はみんな笑っているよ。村長にすら及ばないじゃないか」

「こんなの俺たちの村長なら1食分にしかならない」
「100万円なんて中国の役人にとっては何の意味もない」
「指導者クラスの人が100万円を欲しがるとは、日本はなんて貧しいんだ!」

「秘書の方が大臣より多くもらっているのか」
「中国ではこんなの汚職のうちに入らない」
「たったの100万?100億の間違いじゃないのか?」

「この程度で辞任なんて、資本主義は人情味がなさすぎる」
「中国はいつになったらこういう政治家が出てくるのだろう」
「中国には自ら辞任する政治家が今まで1人もいないけどね」

「これを中国で適用したら、中国は瞬時に無政府状態になる」
「生まれるところを間違えたな。中国だったらどれほど良かったか」(翻訳・編集/山中)