苛烈、かつ豊潤なシーズンが終わる。かのラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で活躍した五郎丸歩(ヤマハ発動機)はトップリーグでも、空前絶後のラグビーブームをけん引した。25日のリーグ年間表彰式。ラグビー界の枠を越えたスターは、柔らかい笑みを浮かべた。言葉に安ど感が漂う。

「結果が一番、大事だと思います。タイトルを獲ったことは非常に大きいですね。昨年の4月から肉体的にも精神的にもかなりハードでしたけど、ワールドカップでここまで日本の状況が変われば、やってよかったなと思います」

 特にW杯後はメディアやイベントに引っ張りだこだった。でも、五郎丸は練習量を絶対、落とさなかった。チームは3位にとどまったが、ベストフィフティーン、特別賞(通算1000得点達成)のほか、3季ぶり3度目の得点王(83得点=2トライ、23ゴール、9ペナルティゴール)に輝いた。キック成功率は84.21%だった。

 想像を絶する過密日程だったのだろう。グラウンド外のしんどさは? と聞けば、五郎丸は「ありますよ、もちろん」と漏らした。

「タイトルを獲らなくちゃいけないというプレッシャーも自分にかけていました。最初はね、(メディアに)『出てくれてありがとう』でしたけど、それがだんだん『アイツ、いつまで出ているんだ』って、こう、いろいろありますから。要は自分が何をしたいかですね」

 五郎丸は"こう"と言いながら、右手を上下に揺らした。29歳はいつも、ラグビー人気アップを心掛けてきた。だから、家族との時間を犠牲にしてまで、テレビやイベントに顔を出してきた。でも、やっかみや非難はどこにでもある。

 グラウンドでの結果にこだわった。実は12月のコカ・コーラ戦で途中交代したのは、コンタクトプレーで左手を痛めたからだった。骨に異常はなかったけれど、ゴム手袋みたいに膨れ上がった。握力はしばらく戻らなかった。

 ケガの話について質問が相次ぐと、五郎丸は「めっちゃ興味あるじゃないですか、みんな」と笑顔でさえぎった。

「こんな記事、いらないですよ。ま、いろいろなことがありますよ。次、行きましょ。もう、ケガの話はいいです」

 ケガとの闘いもラグビーという競技生活のひとつである。そんなこんなを含めて、「幸せなシーズン」と形容した。タフなシーズンを乗り越えられた原動力は? と聞かれると、短く即答した。

「仲間の支えですね」

 この1年でラグビー選手として成長した部分は?

「あまり変わったイメージはないですけど、やっぱり失敗しようが、成功しようが、物事にチャレンジしてみようという気持ちは前より強くなったかなと思います」

 だいたい五郎丸は、ラグビー人生の節目と位置付けたW杯を終えたら、国内だけのラグビーに集中しようと決めて臨んでいた。

「でも(W杯から)帰ってきたら、行く前の3倍、4倍、きつくなって。そのタフな中でラグビーができたというのも、またひとつの経験だろうし、人生のプラスにとらえて、これからスーパーラグビーにもチャレンジする機会をもらいました」

 名前の漢字のごとく、チャレンジングな人生を歩む五郎丸は、2月からはスーパーラグビーのレッズ(ブリスベン)に入団する。

「そこでいろんな失敗をしたりとか......。家族も一緒にいきますので、自分の人生の中でかけがえのない時間になると思います」

 新天地への挑戦である。誰だって期待と不安が入り混じるに決まっている。今の心境は?と問えば、ちょっと顔をかしげた。

「どうですかね。あっというまに時間がきましたね。不安もありますけど、その分、楽しみもあります。まあ、半々ですかね。海外での生活はしたことないし、ひとつひとつがチャレンジです」

 ここ1ケ月、毎朝1時間、英語の個人レッスンを続けた。引っ越しの準備も少しずつ、進めている。もちろん、スーパーラグビーでプレーするための心身の調整も必要だろう。

「(スーパーラグビーは)やっぱり展開が速いですよね。インプレー(プレーが続いている状況)の時間も長いですし、かなりタフな試合が続くと思います」

 チームからの期待は何よりキックだろう。

「そこ(キック)でしっかりと安定した力を出していけるよう、チームの力になれるよう、努力していきたいですね」

 レッズの開幕戦は2月27日、シドニーでワラタズと対戦する。2月上旬、豪州に渡ることになるだろう。開幕戦出場は手の状況やコンディションの関係もあり、微妙なところか。ファンの一番の注目は5月21日、ブリスベンでの日本チーム「サンウルブズ」との対戦である。

「その試合は出ないと非難されるでしょうね。そのへんぐらいまでにはコンディションを上げていきます」

 新たな海外生活への期待感は?

「いや、なんか成功するというよりも、いろんな失敗をしてきたいなと思います。国内にいたら、なかなか失敗することはないと思うんですけど。海外に出て、いろんな失敗を経験して、成功につなげていきたいですね」

 五郎丸は以前、今年1年の抱負を漢字1文字で『初』と表現した。"初心に戻る"の意味で初である。五郎丸の五郎丸たる所以(ゆえん)はこの謙虚な姿勢である。負けん気の強さと失敗を恐れないチャレンジ精神である。

 なるほど、「失敗は成功のもと」ともいう。果敢なトライアルが人生を豊かにする。五郎丸の人生はチャレンジあるのみなのだ。

松瀬学●文 text by Matsuse Manabu