人工衛星による撮影成果例。火山周辺の現況確認により、防災面ではハザードマップの作成や警戒地域などの計画立案などでの活用が期待できる(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 パスコは28日、国内指定25火山に箱根山を加えた26火山の衛星撮影画像データを提供することを発表した。自治体や官公庁、研究機関などの観測・監視・災害対策立案用などに活用されることを想定している。

 提供されるのは2015年4月1日から11月30日までに撮影された光学衛星画像。画像ソースはプレアデス(Pleiades)衛星とスポット(SPOT)衛星、両方の衛星で計26火山を網羅する。

 提供価格は、地上分解能50cmのプレアデス衛星画像が60,000円/25平方kmから、地上分解能1m50cmのスポット衛星画像が56,000円/100平方Kmからとなっている。教育機関向けには50%割引で提供する。

 具体的な活用方法としては、防災面では、山体の定期モニタリング、緊急時の避難路・警戒地域の計画立案、ハザードマップの作成などに役立てることができ、観光面ではビジターセンターなどの方も運者向けのパネル制作などに使える。

 同社では、今回の衛星画像の提供を皮切りに、噴煙の影響を受けにくい合成開口レーダー衛星による火山映像の提供も予定している。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI