都内すべての警察署に「3Dカメラ」を配備へ

写真拡大

警視庁は、東京都内にある102の警察署すべてに3Dカメラを配備した。逮捕写真を3Dモデル化することで、街角の防犯カメラ映像とより正確に比較できるようになると期待されている。

「都内すべての警察署に「3Dカメラ」を配備へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

東京の犯罪者に、心配の種がまたひとつ増えた。警視庁が、3D顔写真を撮影することになったからだ。

警視庁は、防犯カメラ(CCTV)の映像から犯人を特定しやすくするデータベースづくりに、逮捕時の3D撮影が役立つと期待している。警察関係者によると、容疑者の顔を正面と横から撮影した普通の逮捕写真だと、CCTVの映像との比較が困難なことが多いという。従来のCCTV映像は、容疑者の頭部が傾いていたり、照明が十分にないというような場合には利用が制限されていた。しかし、逮捕写真を3Dモデル化し、操作して調整することで、より正確な比較ができるようになる。

朝日新聞英字版の記事によると、このタイプのカメラは日本国内では2001年に初めて実験的に使われたが、管轄内の全署に3Dカメラを配備するのは警視庁が初となる。

3Dカメラは、東京都内にある102の警察署すべてに配備され、撮影は今年の4月から開始される。毎日新聞の記事によると、一部の都道府県警本部には既に配備されている。

関連記事:CCTVは「防犯カメラ」か。それとも「監視カメラ」なのか

TAG

3D CameraPoliceTokyoWIRED UK