リーブ21がメーカーと共同開発している「頭皮冷却装置」の治験試作機

写真拡大

がん治療をしながら日常生活を送る患者が増えるなか、見た目の変化は大きな不安材料だ。とくに女性にとって苦痛になるのが脱毛だ。最近、抜け毛を「隠す」のではなく「防ぐ」画期的な治療法が米国で実用化され、注目を集めている。

抗がん剤治療、なぜ脱毛する?

国立がん研究センター中央病院が抗がん剤治療中の患者638人を対象に行ったアンケート調査「抗がん剤による副作用の苦痛度ランキング」(2009年)によると、女性の1位は「頭髪の脱毛」。ほかにも眉毛やまつ毛の脱毛、爪がはがれる、顔のむくみや変色、シミなど、見た目に関する悩みが20位中半分以上を占めている。一方、男性の1位は「全身の痛み」で、頭髪の脱毛は18位。痛みに関する悩みが大半だ。女性は男性と比べて見た目の変化を苦痛に思う人が多く、とくに脱毛がつらいと感じていることがうかがえる。

国立がん研究センターが提供する「がん情報サービス」によれば、抗がん剤治療を行うと3〜4週間ほどで脱毛が始まるという。ただし、抜け方には抗がん剤の種類や使う期間、量などによって個人差があり、1週間から10日ほどで抜け始める人も。

抗がん剤治療をすると、なぜ脱毛するのだろうか。がん情報サービスの説明をまとめると、抗がん剤を用いた化学療法は、細胞の増殖を防ぐことでがんが増えるのを抑えたり、成長を遅らせたり、転移や再発を防いだりする。その際、がん細胞だけでなく、皮膚や腸管、骨髄、毛根の細胞(毛母細胞)など、細胞が分裂・増殖することで機能を維持している組織や器官にも影響が起こる。毛母細胞が増えないと、髪の毛の新陳代謝も行われず、抜けてしまうのだ。当然、頭髪だけでなく、眉毛もまつ毛も体毛も、体中の毛という毛がすべて抜ける。ただし、すべてが同時に抜けるわけではなく、それぞれの毛の生えかわりのサイクルや、抗がん剤の細胞増殖を抑制する時期によって抜ける時期は異なる。

抗がん剤治療を終えると数か月でまた生えてくるので、一時的な症状ではあるが、「髪は女の命」ともいえるほど、女性にとって大切なものだ。脱毛による精神的な苦痛は計り知れない。「髪が抜けるのが嫌だから」と抗がん剤治療を躊躇する人もいるという。なんとか脱毛を防ぐ手立てはないものか。そんな思いを叶える医療機器が最近、米FDAから販売の認可を受け、実用化に向けて動き出している。

毛髪の細胞の新陳代謝を遅らせる

その医療機器とは、スウェーデンのディグニターナ社が開発した「ディグニキャップ・クーリングシステム」だ。患者は抗がん剤治療を始めるときに、帽子(ディグニキャップ)をかぶる。この帽子の中に冷却液を流して頭皮を冷やすことで、「毛包」と呼ばれる毛髪がつくられる組織の血管を収縮させ、抗がん剤が毛包に浸透するのを防ぐ。また、毛髪の細胞の新陳代謝を遅らせることで、抗がん剤の影響を最小限に抑え、脱毛を防ぐという。

ステージ気鉢兇瞭がん患者122人を対象に行った臨床試験では、66%以上の人が「脱毛が半分以下に留まった」と評価した。また、この研究で得られたデータは、ステージ靴よび犬瞭がん患者にも、ある程度適用できる可能性があるという。

主な副作用には、冷却による頭痛、首や肩の不快感、寒気に加え、長時間、冷却帽子を着用していることによる痛みなどがある。また、一部の抗がん剤の組み合わせには効果がないため、治療を受けるには医師への確認が必要だ。

ディグニキャップ・クーリングシステムは欧州、オセアニアなど数か国ですでに使用されている。米国では現在のところ、対象は乳がん患者に限られているが、ほかのがん患者へも適用されることが期待されている。

日本では「毛髪クリニック リーブ21」がキャップを日本人の頭部の形状に合わせ、操作性を向上した独自の「頭皮冷却装置」を国内企業と共同開発中で、治験試作機を2015年11、12月に行われた日本乳癌学会で初めて展示した。

日本でも治療が受けられる日が待たれるが、最近ではがん患者向けのウイッグ(かつら)や帽子など、不自然に見えないデザインや、夏でも蒸れにくいなど機能性に優れた製品も増えている。

冒頭で紹介した国立がん研究センター中央病院は2013年7月に「アピアランス支援センター」をオープンし、がん患者の外見の変化に関する悩みに対応している。ウイッグのカットをしてくれる美容室や、がん患者専用のビューティーサロンも現れた。体だけでなく心にも大きな負担をもたらすがん。見た目の悩みに対するケアの必要性が高まっている。[監修:山田秀和 近畿大学医学部 奈良病院皮膚科教授、近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長]

(Aging Style)