スターバックスの真っ白なザッハトルテを食べてみた! 邪道かと思いきやミルキーでやさしい味わいがむしろ好みかも☆

写真拡大

ザッハトルテと聞いて頭に思い浮かぶのは、ダークなチョコレート色のケーキ。ところがスターバックスには、そんな常識を覆す「ホワイトザッハトルテ」が登場しているんです。

ザッハトルテ発祥の地、オーストリアの人には「そんなの邪道だし!」とか言われそうだけど、どんな味なのか気になる〜! というわけで、スタバでいただいてまいりました!

【粉雪をまとったような見た目】

まぶしいくらいに真っ白な「ホワイトザッハトルテ」(税抜420円)は、ホールケーキを小さくしたようなまあるい形。表面はホワイトチョコレートでコーティングされていて、パウダーシュガーが粉雪みたいです♪

【スポンジ部分のお味はまさかの……】

ナイフをいれてみると、中からチョコ色のスポンジ生地がお目見え。そりゃザッハトルテだもの、そこはチョコよね! ……と納得しつついただくと、まさかのコーヒー風味! わお、自由!

とはいえ、生地の間にはほろ苦いチョコレートクリームがサンドしてあり、ミルク感たっぷりでコクのあるホワイトチョコレートの味が前面に押し出されているので、全体的なお味としてはチョコレートケーキで間違いありません。ホワイトザッハトルテ、とは言いえて妙なのかも。

【むしろこっちの方が好きな人もいそう】

すっきりとした甘みなので、本家の濃厚なザッハトルテが好きな方にはちょっと物足りなく感じるかもしれないけれど、これはこれでアリ!  

ただ、表面のチョコがパリッとしているから、若干切り分けにくいのが難点。お店の方にナイフをつけてもらうのをおススメします。

邪道かと思いきや、個人的には本家よりも好みの味だったホワイトザッハトルテ。みなさんも食してみてはいかがでしょうか!

参照元:スターバックス
執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

画像をもっと見る