28日、韓国忠清南道牙山市にあるサムスン・ディスプレイの工場敷地内で、男性が倒れているのが発見され、病院に運ばれた後に死亡した。男性は同社の社員で、仕事のストレスにより投身自殺を図ったとみられている。資料写真。

写真拡大

2016年1月28日、韓国・聯合ニュースなどによると、午前10時30分ごろ、韓国忠清南道牙山市にあるサムスン・ディスプレイの工場敷地内で、男性が倒れているのが発見された。男性は通報を受け駆け付けた救急隊により近くの病院に運ばれたが、その後死亡した。

現場を調べたところ、男性が発見された横の10階建ての事務棟屋上で、服や身分証などが見つかった。男性は43歳の副部長クラスの社員。業務用に使っていたパソコンには、「仕事でストレスを感じていた。家族に申し訳ない」との内容のA4用紙2枚分に及ぶメモが残されていた。さらに、発見される直前、社員自ら「建物から飛び降りる」と警察に通報していたことも分かった。警察は、社員が建物屋上から飛び降り自殺を図ったものとみて調べている。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「勉強を頑張って大企業や公共企業に行けば、成功した人生だって?とんでもない。勉強だけにあまり集中し過ぎるな。自分の適正を早く見極めて、やりたいことをやるべきだ」
「いい会社の中堅社員がなぜ?仕事のストレスがそれほどひどかったのかな」

「サムスンでの毎日は、まるで働く機械。服装だけ自由な囚人のようだよ。考え方も、動き方も、退社後まであらゆることが上司に操縦される」
「サムスンに勤めていた息子が転職して給料は半分になったけど、顔色も明るくなって、肥満も解消した。まるで人が変わって、昔の優しい息子がまた帰って来たようだ」

「副部長クラスだとしたら、理由は明らか。会社から希望退職を迫られたんだろう」
「他人事とは思えない」
「サムスンに入ったその日から、アフター5の生活なんてなくなる。とにか働くだけの奴隷だ。それでいて、昇進できなければ辞めなきゃいけない」

「サムスン…恐ろしい財閥企業だ」
「副部長でも部長でも何の意味もない。ただの奴隷だよ」
「残念なことだけど、サムスンという会社はそんな場所だ。分かるよ。プライドの高い人が、何かひどく非難されたんだろう」(翻訳・編集/吉金)