28日、韓国関税庁がここ3年間で最も多く摘発した密輸品の偽ブランドはバイアグラだったとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年1月28日、韓国・京郷新聞によると、韓国関税庁がここ3年間で最も多く摘発した密輸品の偽ブランドはバイアグラだった。

13〜15年の3年間で、韓国で知識財産権を侵害したとして摘発された偽造商品は828件、総額約1兆5568億ウォン(約1520億円)に上った。ブランド別での摘発金額(正品価格を基準とした場合)では、治療薬のバイアグラが2076億ウォン(約200億円)で1位、次いでロレックス、ルイ・ヴィトンの順となった。摘発数量でもバイアグラが1922万点で最多、摘発件数では携帯電話の充電器やケースといったサムスン製品の偽造が63件で最多だった。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「バイアグラが1位とは…合法な手続きで処方してもらいにくい例が多いということか」
「余裕があって、ベンツに乗り、ロレックスをはめ、ルイ・ヴィトンを持つ人は分かるけど、お金がないからと偽物に手を出す人が理解できない。まるで自分が偽物と言ってるみたいだよ」
「偽物のバイアグラを使ってる上に、相手も他人の奥さんだったりして…最悪だ」

「ヘル朝鮮らしい結果だ。バイアグラとは、恥ずかしい」
「ブランド好きの韓国女性をばかにしながらも、一番人気はバイアグラ…」
「愛のない関係は、時間の無駄、体力の無駄、人生の無駄だ」
「偽バイアグラをどれだけ飲んだらそんな金額になるんだ?」

「バイアグラの偽物くらい、密輸しなくても韓国で作れそう。何か適当な物を混ぜておけばいいよ」
「韓国でちょっとした発毛剤を出したら、アップルよりももうかる」
「詐欺師の国、偽物の国、虚勢の国」
「僕が飲んでるのも偽物なのかな」(翻訳・編集/吉金)