画像

写真拡大 (全2枚)

 電通アイソバーは、テクノロジー・ラボ「nowlab」の日本での活動を本格化させた。同ラボはクリエーターとテクノロジスト両輪からのアイデアで、クライアントが抱える課題を見つけ解決していくもの。

 電通アイソバーは、人々をポジティブでアクティブにさせるきっかけを創り出すテクノロジー・ラボ「nowlab(ナウラボ)」を本格始動した。同ラボは英国に本拠地を置くデジタルエージェンシーisobar(アイソバー)のグローバルネットワーク13か所で展開。クリエーターとテクノロジスト両輪からのアイデアと70カ所のグローバルネットワークでクライアントが抱える課題を見つけ、解決していく。

 nowlabは、海外では例えばアディダスとパートナーシップを組み、ウェアラブルプロダクト「Adidas miCoach」を開発。感覚的なサッカースキルを可視化し、育成手法を発展させるなどの事例を有している。
Adidas miCoach

 なお、日本での本格始動は、2016年1月1日付で実施した電通iXとアイソバー・ジャパンの2社合併を契機にしたもの。

MarkeZine編集部[著]