板野友美

写真拡大

28日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で板野友美が、前田敦子の体力の衰えを明かす一幕があった。

番組では「スター衝撃の告白ランキング」のコーナーで、板野友美の「AKB48 10周年!体力の問題!」と題した告白を、司会の浜田雅功が読み上げた。

それによると「先日、AKB48劇場10周年記念のライブがありました。卒業メンバーが集まり盛り上がったのですが。体力が衰えていて、リハーサルで1曲歌っただけで全身が筋肉痛になってしまいました」と、板野の極端な体力の衰えを感じたという告白に、スタジオでは驚きの声があがった。

板野は「(AKB48を)卒業してから2〜3年は経ってるんで、メンバーそれぞれ…」と、体力の衰えを感じているのは自身だけではないことをほのめかせた。さらに板野は、AKB48の曲「フライングゲット」を例に出し、腕の振りをしながら「こんなこと日常しないじゃないですか」と語って笑いを誘いつつ、脇から全身が筋肉痛になったことを明かした。

その後、10周年記念ライブのVTR映像も紹介され、ほかのメンバーの様子を見た浜田が「あなたも筋肉痛でしょうけど。どうですか?誰が1番、体力的に(衰えている?)」と板野に質問した。

すると、板野は「1番は…(前田)敦子が1番『もう無理…』って言ってました」「1番衰えていたと思います」と笑顔で告白。しかし板野は、前田がAKB48を卒業したのが1番早く、そこからおよそ3年間のブランクが原因なのではないかとフォローを入れていた。

【関連記事】
木村拓哉が紅白歌合戦で着けたネックレスの意味を告白「形見みたいな物」
明石家さんまが飲み会に参加した現役AKBメンバーの名前を伏せる
板野友美がファンサービスへの本音をポロリ「自分のファンじゃない方に手を振るのってちょっと」