27日、中国の掲示板サイトに「中国は今すぐ水の汚染対策をしても、きれいにするのに1000年かかる」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の川。

写真拡大

2016年1月27日、中国の掲示板サイトに「中国は今すぐ水の汚染対策をしても、きれいにするのに1000年かかる」と題するスレッドが立った。

スレ主は「偉大な中国企業が劇毒に汚染された水を地下1000メートルの地層に高圧ポンプで排出するという奇抜な方法を生み出した。しかも何年もそうしてきたという。データによると、中国の90%の地下水が汚染されており、64%が重金属汚染。日本人の推測によると、中国はただちに汚染対策を始めても、きれいな水に戻るのに1000年はかかるという」とつづった。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「地下水は流動性があるのかな?外国まで流れてくれないかな?」
「汚染したら台湾へ引っ越せばいいよ。台湾も中国の領土なんだから」

「これを社会主義の優越性という」
「地下への汚染水垂れ流しをさせている役人をただちに処刑すべき」

「水道水が日本のようになるのに何年かかるのだろう」
「中国が日本のようにきれいな山や川となるのに、どれだけGDP(国内総生産)を下げればいいのだろう」

「汚染した水に重金属が含まれているなら1000年でも足りないだろ」
「1000年はいくらなんでも大げさ。でも水の汚染問題は小市民には想像がつかないほど重大だ。子供のためにもはやく外国籍を取った方がいい」

「中国の水が汚染されているという人はみんな売国奴だ!」
「大自然の能力を信頼しよう」(翻訳・編集/山中)