羽田空港の発着枠割当が難航 デルタ航空が撤退の可能性も

ざっくり言うと

  • 羽田空港における昼の発着枠の割当交渉が難航しそうな状況だという
  • 割当が9便と少なく米国系の航空会社の思惑が交錯していることが原因と筆者
  • デルタ航空は場合により撤退し、ハブ空港を中国に移す可能性も示唆している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング