28日、北京鉄道警察はテロ対策を強化している。

写真拡大

2016年1月28日、中国青年報によると、北京鉄道警察は26日、テロ対策の装甲車受領式を北京西駅北広場で行った。北京鉄道警察は式場で防弾装甲車両や戦術コマンド車両を鉄道公安当局初のテロ対策チーム・北京鉄道公安部特別警察支隊鉄鷹コマンド部隊に引き渡した。

【その他の写真】

式場ではさまざまなタイプのテロ対策車両が広場の西側に整列している。黒光りした車体のうち、特に防弾装甲車は車全体が防弾仕様になっており、多角的な射撃口を備えた上、多数のコマンド隊員とテロ対策装備品の搭載が可能だ。戦術コマンド車両は高性能の緊急事態対応性能を備えている。

春運期間、北京の4つの主要駅は通常の特別警察車を配備し安全保障を行うほか、最も旅客が集中する北京の各主要駅では鉄鷹コマンド部隊がテロ対策を担当する予定だ。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)