27日、韓国メディアによると、孫の世話をする韓国人祖父母の10人に7人が「状況が許すなら、育児をやめたい」と考えていることが分かった。 これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウル。

写真拡大

2016年1月27日、韓国・ニューシスによると、孫の世話をする韓国人祖父母の10人に7人が「状況が許すなら、育児をやめたい」と考えていることが分かった。

韓国の女性政策研究院が、孫の世話をしている祖父母500人を対象にアンケート調査を行った結果、「育児をやめたいか」との質問に対して、73.8%が「はい」と回答した。「いいえ」と回答した人は26.2%に過ぎなかったという。

育児をやめたい理由については、「肉体的につらい」が44.4%で最も多く、「趣味生活・社会活動をしたい」(35.2%)、「世話をしてくれるところが他にあるから」(9.8%)、「精神的に疲れた」(5.1%)が後に続いた。祖父母が孫の世話をする時間は1日平均6時間を超える。また、73%が孫の世話をした対価を子どもから定期的に受け取っており、「時々受け取っている」祖父母は14%、「受け取らない」祖父母は13%だった。

同研究員院は「乳児を育てる祖父母への支援を集中して行うべき」とし、対策として、補助教師の派遣や育児費用の補助などを提案している。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「余裕がないのになぜ子どもを産む?」
「共働きの夫婦が多いから仕方ないのかもしれないが、体力が低下した両親になるべく苦労をかけないようにしよう」
「働きながらも自分で子どもを育てることができる環境を国が作るべき」

「自分の子どもは自分で育てるべき。韓国人は人に頼ることを当然と考える傾向が強い」
「韓国はおかしい国。出産率の低下を問題にしているのに、何の対策も講じない」

「朴大統領が選挙の公約を守ってくれれば全てが解決するのに」
「国が責任を取るべきこと。我々が払った税金はどこへ消えた?」

「孫の世話をする祖父母は長生きするという調査結果もある」
「人は誰かに迷惑を掛けずには生きられない。国の未来のためにも、趣味生活は諦めてほしい」(翻訳・編集/堂本)