27日、米国の対台湾窓口機関である米国在台協会は台湾の馬英九総統が南シナ海・南沙諸島の太平島を訪問する計画であることに失望を表明した。資料写真。

写真拡大

2016年1月27日、ロイター通信によると、米国の対台湾窓口機関である米国在台協会(AIT)は同日、台湾の馬英九(マー・インジウ)総統が南シナ海・南沙(英語名・スプラトリー)諸島の太平島を訪問する計画であることに失望を表明した。

台湾総統府は27日、馬総統が28日に台湾が実行支配する太平島を訪問すると発表した。訪問の目的は、春節(旧正月)を控え、島に在住する駐在職員らを慰労するためだと述べている。これを受けて、AITの報道官は28日、馬総統の太平島訪問計画は南シナ海の緊張を高めるものであって、平和と紛争解決のための助けにならないと述べ、失望を表明した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「時代は変わった。台湾との外交を始めるべきだ」

「中国は、台湾がとうとう南シナ海の領有権を声高に主張したことをうれしく思っているだろう」

「台湾を支持したらどうだろう?」

「オバマ政権は他国の問題に関わりたがる。国内問題に注力すべきだよ」

「なぜ私たちはいつも自国とは関係のない問題に首を突っ込む必要があると感じているんだ?」

「米国に何の関係があるんだ?」

「から騒ぎだな」(翻訳・編集/蘆田)