28日、中国広東省深セン市で先月起きた大規模な土砂崩れで、救助チームは死者73人、行方不明者4人と発表した。

写真拡大

2016年1月28日、新華網によると、中国広東省深セン市で先月起きた大規模な土砂崩れで、救助チームは同日午前11時時点の死者は73人、行方不明者は4人と発表した。

【その他の写真】

先月20日の発生から40日目を迎えた。救助チームがこれまでに救出し、病院に搬送した17人のけがが完治し、11人が退院。なお6人が入院して治療を受けている。また、土砂崩れで影響を受けた企業の従業員4630人全員がすでに仕事を再開。遺族や家族への補償手続きも順調に進んでいるという。

さらに、当局は土砂崩れの原因を作ったとして、これまでに42人を検挙している。(翻訳・編集/大宮)