<SMBCシンガポールオープン 初日◇28日◇セントーサGCセラポンC(7,398ヤード・パー71)
 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーとの共同主管競技「SMBCシンガポールオープン」が1月28日(木)、セントーサGCセラポンコースで開幕。例年より2か月半早い“国内男子ツアー開幕戦”は調整が難しい試合となっている。1月中旬の『ソニーオープン』に出場し、試合をこなしてきた谷原秀人は、3連続バーディ発進などで5バーディ・2ボギーの“68”でフィニッシュ。初日を終えて、首位と2打差の3アンダー・暫定6位タイにつけた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 スタートホールの10番で5mのバーディパットを沈めて、好発進を切ると続く2ホールも5〜6mのパットを決めて3連続バーディ、一気に3アンダー。さらに14番パー3でも3mを沈めると前半上がりの18番でも伸ばし5アンダー、単独首位で後半へ入った。
 だが「前半と後半の差はグリーン。ショットの良さは変わらないけど、グリーン上で読みきれていない」とグリーンに苦戦し勢いが失速、後半はノーバーディ・2ボギーとなった。最終9番ではティショットをバンカーに入れると、低い弾道のセカンドショットはグリーン手前に着弾し、コロがりながらピン方向へ向かうも止まらずグリーンオーバー。寄せきれずに迎えた2mのパーパットも「切れるとわかっていても、それ以上に切れる」とラインを読みきれずボギーフィニッシュとなってしまった。

 それでも「今日はなかなか攻められないピンポジションでベタピンを作りづらい」という状況の中でいいスタートを切れたことを評価した谷原。
 現在、安定性を求めるためにスイング改造中の谷原。「テークバックからダウンスイングを変えていて“より手元を低く”という意識を持っている。ダウンスイングでインサイドから下ろしてダウンブロー」を目指している。『ソニーオープン』で試合をこなし、迎えた今大会初日では「徐々にしっくりきている。ショットは狙ったところに打てている」とラウンド毎に手応えは感じている。
 だがショートゲーム、特に得意のパットに関しては「本当にグリーン上での順目逆目やアンジュレーションの読みがまだまだ。きっちりこなせていないかな」と不満顔、うだるような暑さのラウンドを終えたにも関わらず、「慣れの面はグリーンでどれだけ練習するかによるので、暑いですけどこれから練習します」と調整を図る。
 「今季は去年の成績を上回りたい。(そうなると)2勝をしなければならないので早めに」。
 今大会は絢香夫人と愛息・悠人くんの同行に加え、「義父さんの会社がこっち(シンガポール)にあるので来ています」という谷原。世界No.1のジョーダン・スピース(米国)が初日から上位のつける展開だが、2日目以降も喰らいついて“開幕戦勝利”を狙う。
<ゴルフ情報ALBA.Net>