28日、記録的な大雪に見舞われた米国の首都ワシントンにあるスミソニアン国立動物園は現地時間23日、ジャイアントパンダの「ティアンティアン」が降り積もった雪に大はしゃぎしている動画と画像を公開した。

写真拡大

2016年1月28日、中国新聞社によると、記録的な大雪に見舞われた米国の首都ワシントンにあるスミソニアン国立動物園は現地時間23日、ジャイアントパンダの「ティアンティアン(天天)」が降り積もった雪に大はしゃぎしている動画と画像を公開した。ティアンティアンは雪の中を転げまわり、楽しんでいる。

【その他の写真】

「ティアンティアン」の影響を受けた米メリーランド州のある男性は、パンダの着ぐるみを着て、雪の中で大はしゃぎ。そのリアルさとユニークな動きに、動画がネット上で大人気となっている。同男性は「この着ぐるみを6年前から持っているが、やっと使う機会に巡り合った」と興奮気味に語った。

しかし、すべてのパンダが雪にはしゃいでいるというわけではないようだ。同動物園で昨年8月に生まれたベイベイ(貝貝)は慎重だといい、動物園はSNSサイトで「『ベイベイ』はどうやって遊べばいいかよく分からないようで、しばらく悩んで、急いで戻っていた」と書き込んでいる。(提供/人民網日本語版・編集/武藤)