<SMBCシンガポールオープン 初日◇28日◇セントーサGCセラポンC(7,398ヤード・パー71)>
 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーの共同主管競技『SMBCシンガポールオープン』の初日、夕方に突然のサンダーストームに見舞われ一度中断。再開はしたものの午後スタート組はホールアウトできず日没サスペンデッドとなった。そんな中、5アンダーとしたベリー・ヘンソン(米国)とキース・ホーン(南アフリカ)が暫定首位に立った。午前スタートのホーンはホールアウトしたが、ヘンソンは1ホールを残し初日を終えた。
国内ツアーはフォトギャラリーでチェック!
 1打差の4アンダー暫定3位タイには世界ランク1位のジョーダン・スピース(米国)、アン・ビョンパン(韓国)、ナムチョーク・タンティポカクル(タイ)、そして小林伸太郎の4人が並んだ。午前スタートだったスピースは4バーディ・ノーボギーで“67”のラウンド、安定したプレーを見せた。また、日本勢トップの小林は午後スタートで6ホールを残している。
 続く7アンダー暫定7位タイには谷原秀人、クインシー・クエク(シンガポール)、ラヒル・ガンジー(インド)、ポール・ピーターソン(米国)が並ぶ。さらに2アンダーの暫定11位タイにはプラヤド・マークセン(タイ)、ソン・ヨンハン(韓国)ら10人がつける。
 その他の日本勢では池田勇太が1アンダー暫定21位タイ。スピースとラウンドした宮里優作がイーブンパーで暫定37位タイ。小平智が1オーバーの暫定55位タイとした。
【初日の結果※暫定】
1位T:キース・ホーン(-5)
1位T:ベリー・ヘンソン(-5)
3位T:ジョーダン・スピース(-4)
3位T:アン・ビョンハン(-4)
3位T:小林伸太郎(-4)
3位T:ナムチョーク・タンティポカクル(-4)
7位T:谷原秀人(-3)
7位T:ラヒル・ガンジー(-3)
7位T:クインシー・クエク(-3)
7位T:ポール・ピーターソン(-3)
21位T:池田勇太(-1)他
37位T:宮里優作(E)他
55位T:小平智(+1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】堀琴音のタイミングが狂いづらい秘密とは?