Doctors Me(ドクターズミー)- 【メタボチェック】見た目に太ってなくても実は…3つ以上当てはまったら要注意!

写真拡大 (全5枚)

メタボリックシンドローム、通称「メタボ」。
気になる方も多いのではないでしょうか。かなり浸透している言葉だと思いますが、食事や運動などメタボ対策をしている方も多いのでは?

「メタボ=太っている人」というイメージがあるかもしれません。しかし最近『隠れメタボ』が増えているとか…?
「太っていないから大丈夫」ではなく、ぜひ1度チェックしてみましょう!

チェックスタート

□ 朝食を抜き、間食や夜食を取ることが多い。
□ 早食い、ドカ食い、ながら食いをすることが多い
□ 就寝前2〜3時間以内に食事をすることがある。
□ 就寝中、十分な熟眠感が得られないことが多い。
□ アルコールやタバコを嗜好品として好み、毎日行っている。
□ 20歳になって以降、体重が10Kg以上増加している。
□ お茶・水ではなく、コーラやジュースを好んでよく摂取している。
□ 同世代の同性と比較して、歩く速度が遅い。
□ 最近1年間で、体重の増減が±3kg以上あった。
□ 20歳代で着用していたズボンやスカートが、入らなくなったり入りづらくなった。

いくつ当てはまったでしょうか?

結果は…?

当てはまった数が2個以下


現状は「メタボ」の可能性低!
現在のところ、メタボリックシンドロームを発症する危険性は少ないです。
しかし、このままの生活が持続すると、当てはまるものの数が増え、いずれかはメタボリックシンドロームに移行します。

メタボリックシンドロームへ移行しなようにするためには、
・適度な運動で内臓脂肪を減らすこと
・食生活を改善すること
・禁煙をすること
この3つがとても大切です。日常生活で心がけていきましょう。

当てはまった数が3〜4個


【要観察】メタボ予備軍!
メタボリックシンドロームの中等度の予備軍と考えます。
メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気の発症の危険性は、危険因子の数と大きくかかわっています。

危険因子の数が多くなるほど危険度は高まります。つまり、
・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
・脳卒中(脳出血、脳梗塞)
・糖尿病(腎障害、失明、神経障害を合併)
を今後発症する可能性が高くなります。今のうちに生活習慣を見直しましょう。

当てはまった数が5〜7個


【注意】「メタボ」になる可能性大!
現在のところ、メタボリックシンドロームと確定できませんが、危険因子がとても高いです。

メタボリックシンドロームの予備軍と考えます。この状態が続けば、短期間のうちにメタボリックシンドロームの状態になる可能性が非常に高いです。
今のうちに生活習慣を改善しましょう。

当てはまった数が8個以上


【危険】既に「メタボ」の可能性大!
ほぼ確実にメタボリックシンドロームです。

メタボリックシンドロームの診断基準については、日本では下記のとおりです。
■必須条件
ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm、女性90cmを超えている。
■選択条件
高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに当てはまる。
《具体的数値》
・収縮期(最大)血圧≧130mmHgかつ/または拡張期(最小)血圧≧85mmHg
・空腹時高血糖≧110mg/dL
・高トリグリセリド血症≧150mg/dLかつ/または低HDLコレステロール血症< 40mg/dL

一言アドバイス

いかがでしたか?

自分では肥満に縁がないと思っていても、実は内臓に脂肪がたまってメタボになっていた…ということもあるようです。

メタボリックシンドロームの危険性があると診断されてしまった方は、質問文にあったことをふまえて少しずつ生活習慣を改善していきましょう。