浅野拓磨のツイートから、U-23日本代表の「バスの座席表」を割り出してみた​

写真拡大

AFC U-23選手権の準決勝でイラクを破り、6大会連続となる五輪への切符を掴んだU-23日本代表。

その劇的な展開から日本でも大きな話題となり、試合を地上波で中継していたテレビ朝日では18.7%の視聴率を獲得したという。日本は30日(土)、アジアの覇権をかけ韓国との決勝戦に挑む。

イラク戦終了後、U-23日本代表の選手たちはTwitterに感謝や喜びの気持ちを数多く投稿していた(まとめ記事はこちら)。

その中にはこんなものがあった。

こちらは、サンフレッチェ広島FW浅野拓磨がツイートしたものである。添付されていたのは、移動用のバスに乗り込んだ選手たちの写真だ。おそらくイラク戦後のものなのだろう。

選手が移動するバス車内に、メディアは入ることができない。クラブの広報スタッフも基本的には別の移動手段をとるため、車内の様子を窺うことは難しい。そのため、それを知るにはこのように選手発信のSNSに頼ることになるのだ。

サッカーチームのバス車内の座席には、人間関係が反映されると言われている。仲の良い選手が近くに座り、ベテラン選手には特等席が用意される。かつて、日本代表のを乗せたバスの最後列左奥は「キングシート」と呼ばれ、三浦知良が座っていた。

では、今回のU-23日本代表の選手たちは、どのような位置関係で座っていたのだろうか?

今回は、浅野拓磨が投稿したこの写真を手掛かりに、U-23日本代表選手たちのバス車内での座席を割り出してみる。そこから、選手の人間関係が見えてくるかもしれない。

まず初めに注意である。

浅野はこの写真を日本時間27日の早朝に投稿している。おそらくはリオ五輪行きを決めた準決勝の後の写真なのだろう。

しかし、この座席はあくまで「その時」のものでしかなく、この位置関係が合宿中にずっと続いていたかは分からない。さらに、この写真からでは奥の方の位置関係が掴みづらく、実際のものと少し違っている可能性がある。

いずれにしても、一つの「物の見かた」として考えていただければ幸いである。

もう一度、浅野の席を見てみよう。当然のことながら、前方に座る選手はハッキリ写っていてよく分かる。

まずは向かって右側の列だ。

最前列にいるのは奈良竜樹。その後ろには久保裕也と杉本大地の京都サンガ出身者が並んで座っており、後ろには同学年の中島翔哉と牲川歩見。

豊川雄太と大島僚太はそれぞれ一人で座っているようで、その後方には身を乗り出す亀川諒史が見える。キャプテンの遠藤航は真ん中の通路の所にいる。そして、最後列には室屋成が確認できる。

続いて、向かって左側の列。

奈良と通路を挟んで隣なのは、オナイウ阿道。後ろには三竿健斗と井手口陽介の「1996年世代」が1人で座っており、植田直通と櫛引正敏は隣同士に。続いて、浅野拓磨と矢島慎也がいる。

その後方には鈴木武蔵と原川力、山中亮輔の姿が見えるが、ちょっと前後の関係がみづらくなっている。そして、最後方の真ん中に構えるのが岩波拓也だ。

この時点で、登場していない招集メンバーは松原健と南野拓実の二人。お手洗いにでも行っていたのか、はたまた誰かと重なって見えなくなっているのだろうか…

言葉だけではなかなか伝わりにくいので、この位置関係をイメージ化してみる。

U-23日本代表選手たちの座席表その1

こちらが割り出した座席表だ。

薄緑色にした選手は、不鮮明であるため正確な位置がハッキリしない選手だ。また、通路にいた遠藤は亀川の隣と判断した。

繰り返しになるが、不鮮明な部分があり完璧な内容ではないし、常にこうした位置関係で座っていたかも不明である。

しかし、それでも窺えそうなものはある。例えば、この招集メンバーの中で最も若いオナイウ、三竿、井手口の3人はかなり前目のポジションにいる。このあたりは先輩たちに気を使っているのかもしれない。

また、ユース時代からともにプレーしている久保と杉本は隣同士であり、中島と牲川は同学年。基本的には学年が近い選手が隣で座っている。

また、以前には室屋と山中がこんな写真を紹介してくれている。

室屋は17日(日)の練習後、山中は19日(火)のサウジアラビア戦後にそれぞれ投稿している。

このことからも分かる通り、やはり選手たちは日によって座席を微妙に変えているらしい。それでも、山中の隣には必ず鈴木がおり、この二人は“ニコイチ”であるようだ。

ちなみに、今大会のメンバーからは漏れたものの予選を戦った金森健志は室屋のツイートに「おれの席とんな」とリプライしており、これに室屋は「たけしの席はたくみが座ってるわー」と返している。

山中のツイートにもチラッと写っているが、どうやら南野は最後列が定位置であるようだ。

岩波、室屋、南野は全員が関西出身の同じ学年。このバスの最後列を陣取っているのはこの3人?

最後に、さきほど紹介したイメージ図の選手名に学年を表す数値をつけてみよう。

U-23日本代表選手たちの座席表その2

選手名の後ろにつけたのが、それぞれが該当する世代だ。1993年4月から1994年3月までに生まれた選手は('93)、1994年4月から1995年3月までに生まれた選手は('95)という感じにしている。

こうして見るとやはりオナイウ、三竿、井手口がこれだけ前に座っているのは偶然ではないように思える。最高学年である遠藤や櫛引、大島が固まるのではなくバラバラに座っているのもおもしろい。