27日、半島都市報によると、中国山東省の路上で目撃された幼い男の子の姿が「通行人に感動を与えた」と話題になっている。資料写真。

写真拡大

2016年1月27日、半島都市報によると、中国山東省の路上で目撃された幼い男の子の姿が「通行人に感動を与えた」と話題になっている。

通行人が男の子に気付いたのは、中国が広範囲にわたって厳しい寒さに見舞われた26日の午後2時ごろ。酒に酔って路上で寝込む30歳くらいの男性に付き添い、男性の服に付いた嘔吐物を拭いたり、服のしわを整えたりしていたという。

通りかかった人が男の子に話しかけたところ、男の子は自分が3歳であることと、男性が自分の父親であることを説明。男の子の「パパはいつもお酒を飲んでる」という言葉を聞いて大人たちが上げた非難の声に対しては「ぼくのパパだ」と父親を擁護、その酔いが醒めるまで2時間もそこを離れることはなかった。

男の子の体調を心配した人の中には帽子を差し出した人もおり、この記事を読んだ人からは「親がもっとしっかりすべきだ」「将来立派な人間になる」「まだ3歳なのに、どうやったらこんな子に育てられるんだ?」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)