写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コピーライターは28日、「コピーを3秒でつくれる」Webコンテンツ「#コピースロット 」をリリースした。

同コンテンツは、1月28日が「コピーライターの日」とされていることに合わせてリリースされた、クリックするだけでコピーを作ることができるスロット。5万パターン以上のフレーズが登録されており、3つのボタンをクリックすることでフレーズが合わさり、「それっぽい」コピーを生成できる。

また、一般的なスロットのリールが3つであることを踏襲し、フレーズは3分割。スロットをすべてクリックするとSNS(Twitter、Facebook)ボタンが表示され、シェアすることができる。1月28日18:00現在、Twitterのトレンドに「#コピースロット」が表示されている。

コピーライター代表・長谷川哲士氏は「もう1回つくるボタンを入れたりして、何度も回したくなるように設計しています。3回くらい回すと、おもしろいものが出ます。ぜひキャプチャーをとって、SNSへ投稿してください」とコメント。なお、コンテンツの公開は「株式会社コピーライターが破産するまで」とのことだ。

○コピースロット 制作スタッフ

コピーライター代表:長谷川哲士氏
デザイナー:村山辰徳氏(好きなバンドはBUMP OF CHICKEN)
スロットコーダー:田島真悟(好きな食べ物はモツ鍋)