28日、韓国メディアによると、韓国軍と情報当局が「北朝鮮は4回目の核実験を行った後、長距離ミサイルをいつでも発射できるよう準備している」とみていることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年1月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国軍と情報当局が「北朝鮮は4回目の核実験を行った後、長距離ミサイルをいつでも発射できるよう準備している」とみていることが分かった。

情報当局の消息筋は28日、「北朝鮮の平安北道にある東倉里ミサイル発射場で、車両と人の動きが継続的に確認されている」とし、「昨年の発射台の増築工事が終了して以降、いつでも発射できる状態とみている」と明らかにした。

また、韓国国防部のキム・ミンソク報道官は28日の記者会見で、「北朝鮮が奇襲的に長距離ミサイルを発射する可能性がある」とし、「今後の状況を注視していく」と明らかにした。また、北朝鮮のミサイル発射に日米韓3カ国が共同で対応する可能性については、「米韓は共同で対応し、日本は国際社会と共に対応する」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「北朝鮮はいつか必ず自滅する。それが今年であることを願っている。国は滅びる前に必ず非常識な行動を起こす。朝鮮半島の統一は実現不可能な夢じゃない」
「韓国政府が強力な対応を取れるとは思えない」

「日本メディアの報道を見て慌てて会見を開いたの?日本メディアにも劣る情報力…。国防費でゴルフクラブを買っているのでは?」
「北朝鮮がミサイルを発射するまで、何もせずにただ見ているのだろう」

「韓国軍に北朝鮮のミサイルを防ぐ能力がない可能性もある」
「状況を注視する能力だけは世界最高」

「なぜ北朝鮮を敵対視する?統一することを第一に考えるべき」
「北朝鮮のミサイルを撃墜できなければ、日米韓は本当にまぬけなことになる」
「日本や米国に頼るな。自国の安全くらい自分たちで守るべきだ!」(翻訳・編集/堂本)