病院でもらったけれど余ってしまった薬。冷暗所で保存すれば後でも使える? 処方薬の使用期限っていつまで? 意外と知らない処方薬のアレコレを調べてみました。

シート状の薬の有効期限

基本的にPTP包装(アルミのシートにプラスチックでフィルムされている包装)のお薬の有効期限は国家検定で定められていて、3年としているものが多いそうです。ただし、薬によって変異しやすいもの、空気や光に触れると薬効が薄れてしまうものもあるため一概には言えないとのこと。シートには製造ロットと使用期限が印字されているので確認してみましょう。ただ、この有効期限は検定のために作られているもので、薬効が保証されているものではありません。薬の種類や保管状況によっては、薬効がなくなったり、変異した薬で思わぬ作用が出ることもありえます。

処方された日数が使用期限

医師や薬剤師が考える使用期限とは、処方された日数のこと。医師が診察して、その時の症状に合わせて有効な薬を処方しているわけですから、後から同じ症状だと素人判断するのはとても危険なこと。たとえば「痛みを抑える薬ですよ」「胃を保護する薬ですよ」と処方してもらったとしても、似たような薬効の薬の種類は何十もあり、細かな薬効や飲み合わせ、副作用の出方など違うものがたくさんあります。頓服以外で処方薬が余るということは、飲み忘れや勝手に服用をやめてしまった可能性が。それ自体があまり良いこととは言えません。

目薬などは変異が早いから要注意

目薬やシロップなどの水薬は変異が早いため、冷蔵庫に入れておいても10日〜1カ月程度と使用期限は短め。漢方薬はPTP包装のもので5年と設定されているものが多いそうです。粉末のものや瓶に入っているものは品質が変わりやすいため、もっと短くなります。同じ症状に見えても原因が違うこともありますし、薬の効き方やアレルギーにも個人差があります。素人判断で家族や他人にあげてしまうと取り返しのつかないことになる可能性だってあるのです。

結論。処方してもらった薬は、処方どおりに服用し、余っても捨てるか主治医に返しましょう。指示通りに服用しなかったり、期限を過ぎた薬で事故が起こってもそれは副作用ではなく「飲み間違い」です。もったいないと思わず、その都度処方してもらいましょう。


writer:しゃけごはん