27日、AP通信によると、韓国の元慰安婦2人が来日し、日韓両政府の慰安婦問題の合意は無効だと主張し、安倍晋三首相の謝罪を求めた。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年1月27日、AP通信によると、韓国の元慰安婦2人が来日し、日韓両政府の慰安婦問題の合意は無効だと主張し、安倍晋三首相の謝罪を求めた。

慰安婦問題をめぐっては、昨年末に日韓両政府が、日本政府による謝罪の表明と韓国が設立した財団に日本が10億円を拠出することで合意した。韓国人の元慰安婦である李玉善(イ・オクソン)さんと姜日出(カン・イルチュル)さんは26日、東京都内で記者会見し、日韓両政府による合意は被害者の感情を無視したものであると批判し、無効であると主張した。2人は、安倍首相が直接、元慰安婦と面会して謝罪すべきだと述べた。また、日本政府が拠出する10億円は法的な賠償とは認められないと主張した。李さんら元慰安婦らが共同生活を送る「ナヌムの家」の安信権(アン・シンクォン)所長も会見に同席し、「なぜ安倍首相は出てきて謝罪しないのか?私たちと直接会ってほしい」と述べた。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「彼女たちにはとても同情するけれど、要求している内容はばかげている」

「元慰安婦ひとりひとりに面と向かって謝罪してほしいと言っているのか。それは不可能だ」

「韓国政府も日本政府も、元慰安婦の女性たちを無視するような解決策で合意したというのはとても悲しいことだ。これは大失敗だよ」

「典型的なパターンだな。韓国人にはいくら謝罪しても足りないということだ」

「安倍首相が謝罪したとしてもこの問題は終わらない。いつもこの問題については新たな話が出てくる」

「終わりのないシナリオだ」(翻訳・編集/蘆田)