内祝い の具体的なマナーとはどういったものでしょうか?ここでは、内祝い とは何か?どのようなマナーがあるのかをご紹介します。

赤ちゃんが生まれたことを報告すると、親戚や友人などから出産祝いをたくさんもらうことになるでしょう。親になったことを実感する機会のひとつです。出産祝いをもらったら、「 内祝い 」というかたちでお返しをします。

内祝い って何のこと?


現在では、いただいた出産祝いのお返しのことを内祝い と呼ぶことが一般的です。しかし、元来は「身内にあったお祝い事の幸せのお裾分け」のことで、お祝いをもらったかどうかに関係なく、ご近所や友人にちょっとした贈り物をするという習わしでした。では、出産のお祝いのお返しとして内祝い を贈る場合は、いくらくらいのものを贈るのが妥当なのでしょうか?

通常は、もらった額の3分の1から2分の1程度のものを贈ります。もらったのが1万円のお祝いであれば、3千円程度のものを返すかたちです。また、時期的には、出産の時期にもらったお祝いのお返しは、出産から1か月くらいを目安にまとめて、その後にいただいたものはその都度お返しをするのが一般的です。

内祝い にはどんなものを贈る?


内祝い にはどのようなものを贈るのか適当でしょうか? かつては紅白まんじゅうなどの縁起物を贈るのが一般的でしたが、現在は多様化しています。お菓子や紅茶のセット、食料品やタオルの組み合わせなどさまざまです。また、赤ちゃんの名前入りギフトというのも多く、カステラに名前が入っていたり、写真立てのような記念品もあります。ただし名前入りの品は、もらった方は扱いに困る可能性もあるので、よく考えて贈りましょう。代わりに、赤ちゃんの写真入りのギフトカードを添えてくれるところもありますのでそういったサービスもお勧めです。

また、内祝い の品を自分でセレクトできるサービスもあり、好評なようです。相手がもらってうれしいかどうかを第一に考えて贈りましょう。

内祝い の「のし」の使い方


内祝い の「のし」の使い方ですが、紅白の蝶結びを使用します。子どもの名前のお披露目を込めて、水引きの上のところに「内祝」と記載し子供の名前を書きます。読み方が難しい場合は読み仮名もふります。

なお、最近は「のし」には名前を書かず、別に子供の写真入りのメッセージカードを添える人も増えています。デパートをはじめインターネットショップなどで内祝い 用として色々なサービスを行っているので、そうしたところを利用すれば、細かいことはショップがサービスとして行ってくれるので便利です。