▽J3の秋田は28日、2015シーズン終了後に退団したFW盛礼良レオナルド(29)がJFLのラインメール青森に完全移籍したことを発表した。

▽青森山田高やJAPANサッカーカレッジを経て2007年に東京Vに加入した盛礼良レオナルドは、同クラブでは出場機会を得ることができず、鳥栖や栃木、北九州へのレンタル移籍を繰り返し、2011年に北九州に完全移籍。その後、2013年にJAPANサッカーカレッジに復帰した後、2014年から秋田に2シーズン在籍。2015シーズンはJ3リーグ16試合に出場して2ゴールを記録していた。

▽また、同選手は2015年7月に日本国籍を取得している。

▽ラインメール青森への加入が決定した盛礼良レオナルドは、秋田の公式サイトで別れの挨拶をしている。

「2016シーズンは、ラインメール青森でプレーすることになりました!日本に初めて来た場所にまた戻り、プレーできることを嬉しく思います。2014年から2年間という期間でしたが、ブラウブリッツ秋田では沢山の人に応援してもらい本当にありがとうございました!」

「これから先も日々の練習から全力を尽くし、青森のみなさんに誇りに思ってもらえるようなチームにしていけるように仲間と共に頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」