<SMBCシンガポールオープン 初日◇28日◇セントーサGCセラポンC(7,398ヤード・パー72)>
 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーの共同主管競技『SMBCシンガポールオープン』が開幕。大会初日、午前スタート組の選手がハーフターンを終え、日本の谷原秀人と韓国のアン・ビョンハンが4アンダーで首位に立った。谷原は残り2ホールで5バーディ・1ボギー。一方のアンも2ホールを残し4バーディ・ノーボギーで回っている。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 1打差の3アンダーの3位には世界ランク1位のジョーダン・スピース(米国)がつける。スピースは残り3ホールで3バーディ・ノーボギーで回っている。続くトータル2アンダー4位タイにはスピースと同組の宮里優作やプラヤド・マークセンら9人が並ぶ。
 その他では池田勇太が1アンダーで13位タイ。小平智は1オーバーで37位タイとしている。また、昨シーズンの国内賞金王のキム・キョンテ(韓国)はボギーが先行し苦戦、2オーバーで50位タイと低迷している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>