台湾人が旧正月に最も行きたい場所…2年連続で「東京」

写真拡大

(台北 28日 中央社)台湾では2月6日から旧正月(今年は2月8日)連休。台湾人が旧正月に訪れたい旅行先の第1位は2年連続で東京となったことが、旅行検索サイト、スカイスキャナーの調べで分かった。上位10位のうち、日本の都市が6つランクインしている。

曜日配列の関係で今年は例年より長い9連休となり、海外旅行の需要が高まっている。2位以下は大阪、バンコク、沖縄、ソウル、香港、シンガポール、福岡、札幌、名古屋。

欧米の都市はランクインせず、近場で手軽に行けるアジアが人気となった。スカイスキャナーの関係者は、円安や日本政府の積極的な観光PRで訪日旅行の需要が高まったとみる。また、格安航空会社(LCC)の路線拡大により、「安近短」の旅行が浸透したのではと分析している。

(江明晏/編集:齊藤啓介)