27日、日本人の民度の高さがまた中国人の間で話題になっている。資料写真。

写真拡大

2016年1月27日、日本人の民度の高さがまた中国人の間で話題になっている。

福岡県では26日、大寒波の影響で各地で水道管の破裂が相次ぎ、これにより、10万世帯以上で断水状態となった。県の要請で自衛隊が給水車を派遣し、市民らは小学校などで給水を受けた。

中国のインターネット上に掲載された記事では、給水を受ける際に、人々が秩序を守ってきれいに並んでいたことを紹介。「(小学校は)人でいっぱいになったが、混乱はなかった。非常に我慢強く順番が来るのを待っていた」と伝えている。

これに対して、ネットユーザーからは「民度って重要だね」「ある方面では永遠に日本に勝てない」「中国では見られない光景」「彼らはこうして国力を見せ付けている」「列に並ぶのは実は最も効率が高い方法。われ先にと奪い合うのは、全員が自分が損をすると思っているから」「中国がこれだけ秩序を持って団結できれば、他国にとっては脅威だろうに」などのコメントが寄せられている。

中国ではこれまで、日本人が震災時などに秩序を守って行動している様子が称賛とともに伝えられてきたが、今回も同様の反応が見られた。(翻訳・編集/北田)