通期での業績推移

写真拡大 (全2枚)

 LINEは28日、2015年10〜12月期(第4四半期)、および2015年通期の業績を開示した。2015年通期の売上額は1,207億円(前年通期比40%増)だった。LINE事業単体の2015年通期の売上額は、1,105億円(前年通期比43%増)だった。

 全体の売上額におけるサービス別割合は、コンテンツ41%、コミュニケーション24%、広告30%、その他5%だった。コンテンツサービス分野の主軸であるゲームでは『LINE:ディズニー ツムツム』『LINE ポコポコ』などの既存タイトルが、特に海外で売上を伸長。コミュニケーション分野では、主軸であるスタンプが好調だった。

 LINEの月間アクティブユーザー数(MAU: Monthly Active User)は、グローバルで約2億1,500万人。主要4カ国(日本、タイ、台湾、インドネシア)では、約1億4,470万人でいまだ増加を続けている。インドネシア、中東地域でMAUが拡大しているという。

 代表取締役社長の出澤剛氏は、「トップシェアを取れている台湾・タイにおいてプラットフォーム化を進め、売上も伸長しています」とコメント。2016年については、「モバイルメッセンジャーをハブとしたプラットフォームとしてさらに洗練させ、トップシェア獲得国の増加を目指してまいります」としている。