今もはっきりと記憶に残る、印象深いシーンがある。

 2012年11月11日、UAE・ラスアルハイマ。当時、アジアU−19選手権に出場していたU−19日本代表は、ヤマ場となる準々決勝を迎えていた。

 勝ってベスト4に進出すれば、翌年に開かれるU−20ワールドカップ出場が決まる大一番の対戦相手は、グループリーグで韓国を押しのけ、首位で勝ち上がってきたイラク。勢いに乗れず、グループリーグをようやく2位で突破した日本にとっては、かなりの難敵だった。

 すると試合は、案の定と言うべきか、日本はイラクに先制された後、一度は追いついたものの、再び勝ち越されて1−2の敗戦。90分を通して流れをつかめなかった日本にとっては、スコア以上の完敗だった。

 この結果によって、日本はU−20ワールドカップ出場を絶たれた。当然、選手たちは肩を落としていたが、なかでもひと際悔しさを露(あら)わにする選手がいた。

 彼はこの試合でピッチに立ってはいない。屈辱の敗戦を外で見ているしかなかった。それでも、試合が終わると、ベンチを覆っていたアクリル板を破らんばかりに、何度も何度も殴りつけた。誰にも増して、目の前の状況を受け入れられずにいるかのようだった。

「あのときのことは、ものすごくよく覚えている」

 そう語るのは、DF植田直通である。

「自分が何ひとつチームに貢献できなかったという思いが強くて。ベンチに座ってチームが負けるのを見ていただけで、何もできなかったのが、ホントに悔しかった」

 あれから、およそ3年2カ月。日本は再び世界行きのキップをかけて、イラクと対戦することになった。

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(兼アジアU−23選手権)の準決勝。勝てば3位以内が確定し、五輪出場が決まる試合である。

 因縁の相手、イラクとの対戦を翌日に控え、植田はこう話していた。

「いつも何かとイラクが僕たちの前に立ちはだかっているというのは、前から感じていた。ここで絶対に倒さなければいけないと思う」

 植田が言うように、彼ら"リオ世代(1993年以降生まれ)"において日本は、常にイラクに行く手を阻まれてきた。

 先に挙げたアジアU−19選手権をはじめ、2014年1月のアジアU−22選手権(0−1)、同年9月の仁川アジア大会(1−3)で対戦し、日本は全敗している。言わば、イラクは"天敵"だった。

 しかし、だからこそ、リオ五輪出場をかけて戦うには、最もふさわしい相手でもあった。植田は力強く言い切った。

「明日、僕が試合に出ることがあれば、今回はしっかり(イラクの攻撃を)抑えて、リオ五輪のキップを取れればいい」

 ずっと負け続けてきた天敵を倒してリオ五輪へ。すべての借りをまとめて返す、リベンジの舞台が用意された。

 試合は4度目の対戦にして、日本が初めて先制した。26分、左サイドを突破したFW鈴木武蔵のクロスを、FW久保裕也がスライディングしながら右足で合わせた。久保が語る。

「触るだけだった。ナイスボール。武蔵のボールがよかった」

 しかし、43分に右CKからイラクに同点ゴールを許すと、試合はこう着状態に。互いに決定機が乏しい試合は、残り時間も15分を切り、そのまま延長戦突入が濃厚かに見えた。

 ところが、手倉森誠監督の思いは違った。

「試合終盤、おそらくイラクは延長も考えたのではないか。そういう雰囲気を感じた」と振り返る指揮官は、「一回、相手陣のゴール前に押し込んだら、何か起こるだろうなという予感がした。最後の15分で投入した浅野(拓磨)で何とか突破口を開きたかった」と胸の内を明かす。

 その考えは、選手にもしっかりと伝わっていた。MF原川力は言う。

「拓磨の交代(出場)は、チームとしてそこで(攻撃の)スイッチが入るというか、意図が分かりやすい選手。勝負どころで監督が何を考えているかは分かるし、そこでスイッチを入れられる」

 果たして試合は、「誰も書けないようなシナリオの幕切れ」(手倉森監督)を迎える。

 すでに時計の針は90分を過ぎ、アディショナルタイムの目安もあと1分少々という93分、指揮官の狙いどおり、敵陣の深い位置でFW浅野がボールをキープすると、サポートしたFW南野拓実がパスを受けて、ゴール前へクロス。一度はGKにパンチングで防がれたボールを原川が拾い、左足で強烈なミドルシュートを突き刺した。

 殊勲の原川は「結果論だけど」と前置きしながらも、「(延長ではなく)90分で決めるという気持ちはあったし、うまく行ってよかった」と笑顔を見せた。

 勝利を確信したように、歓喜を爆発させる日本ベンチ。だが、そんな様子を横目に、センターサークル内で鬼の形相でひとり、仁王立ちしている選手がいた。

 植田だった。

 原川の決勝ゴールが決まった瞬間は、「しびれた。ホントにうれしくて、ベンチに走って行った」という植田だったが、「まだ試合が決まったわけじゃない。あの後やられたら意味がない」と、誰より早くピッチに戻った。

「まずは僕ひとりでも(気持ちを)切り替えて、それからみんなに声をかけて、しっかり切り替えさせるのも僕の仕事」

 チームのために何もできなかったと悔いる自分は、もうどこにもいない。残りわずかな試合時間、もう一度仲間を奮い立たせるため、植田は大きく声をかけた。

「絶対に勝つぞ! 絶対にリオへ行くぞ!」

 そして迎えたラストプレー。イラクが苦し紛れに放り込んできたボールを、植田が力強いヘディングで大きくタッチラインの外に弾き出すと同時に、試合終了を告げる長い笛がピッチに鳴り響いた。

「時間帯的にも、ここで弾けば終わりかなと思った。弾き返した瞬間、笛が鳴って、ホント、うれしかった」

 植田はそう言って、表情を崩した。

 4年前の11月、イラクに敗れた植田は、もはや悔しさを通り越し、怒りにも似た感情を抱えていた。

 他の選手にしても悔しくなかったはずはないが、傍目にはどこか淡々として見え、意外なほど感情は伝わってこなかった。

 だが、彼だけは違った。試合に出てもいなかったのに、背中からは湯気でも立ち上ってきそうなほど、怒りのオーラが発せられていた。

 この感情がきっと日本を強くする――。わなわなと震える植田の背中を見て、そんなことを思ったものだ。

 あのときとはまったく違う、穏やかな表情の植田が語る。

「五輪出場をかけたこの戦いでイラクと対戦することに、すごく縁も感じていた。みんなもすごく悔しい思いをしてきたし、ここで負けるわけにはいかなかった。その思いで、みんながいいプレーをすることができて、この勝利につながったと思う」

 世界はおろか、アジアでもベスト8の壁を破れずにきたリオ世代。必然、今回の最終予選を前にしても評価は低く、リオ五輪の出場権獲得は危ぶまれた。

 しかし、イランに勝って鬼門の準々決勝を突破すると、ついには一度も勝てなかった因縁の相手、イラクを初めて倒して世界への扉をこじ開けた。

 怖いくらいにやることなすことうまくいく、今大会にふさわしい最高の復讐劇で、日本は6大会連続となる五輪出場を決めた。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki