「ソフトバンクでんき」特設サイト

写真拡大 (全3枚)

 ソフトバンクは28日、「ソフトバンクでんき」の申し込み受付を開始した。あわせて料金シミュレーション機能を「ソフトバンクでんき」特設サイト内で公開した。

 「ソフトバンクでんき」は、東京電力株式会社との業務提携により、「スタンダード(S/L/X)」「バリュープラン」「プレミアムプラン」の3種類のプランを提供するサービス。4月1日より東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアで開始する。

 今回設置された料金シミュレーション機能では、「ソフトバンクでんき」切り替え後の利用金額をシミュレーションできる。

 現在契約中の電力会社からの「検針票」(「電気ご使用量のお知らせ」など)に記載されている、電力会社名、契約種別、契約容量、電気料金または電気使用量、郵便番号などを入力することとで、お勧めの「ソフトバンクでんき」プランを提示する。

 さらに、現在契約しているプランの電気料金と新たに提案するプランの電気料金の差額、電気の利用にともなうTポイントの概算付与数、「おうち割 でんきセット」で適用される月々の割引額と割引総額も、おおよそを算出する。

 なお計算時には、現在の電気料金や属性データをもとに、郵便番号単位での気象情報データなどを考慮し、細かく最適化を行っているとのこと。

■関連リンク
ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき 料金シミュレーション