<ファーマーズ・インシュランス・オープン 事前情報◇27日◇トリーパインズGC>
 米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」がカリフォリニア州にあるトリーパインズGCで開催される。シーズンはすでに昨年からスタートしているが、「ヒーローワールドチャレンジ」以降オフを過ごしていた松山英樹にとっては今大会が2016年の初戦となる。

 この日はプロアマ戦に出場し予選ラウンドの1日だけ使うノースコースをラウンド。午後はパッティングの練習に多くの時間を割いたあと、ドライビングレンジに足を向けた。自身の状態については「良いとは言えないけれど、楽しみかなと思います」と語るに留めたが、「オフが長かったので早く試合がやりたいという気持ちになった、ということは気持ちが切り替わっている」と試合に向けてのモチベーションは高い。
 オフ期間は年明け早々に渡米し調整。「(やりたいことは)まぁ、出来ましたけど、出来なかったこともたくさんあって。試合に間に合わすためにしっかり練習したんですけど、なかなか上手くはいかないもの(笑)」。米国内の悪天候にも調整スケジュールを狂わされたことも確か。だが、「まぁでも、良いものを少しは出せると思う。それがうまくかみ合ったらいいなと思いますね」と一定の成果を得たことを表情にのぞかせた。
 昨年はツアー2勝目に届かずに終えただけに、今年へかける思いも強い。それでも、試合に臨む松山の気持ちはフラットだ。「しっかり勝てるように準備するだけ。勝てる、勝てないはその場の運もある。最高の状態で迎えられるようにすることだけが自分のやるべきこと。試合が始まったら楽しんでやりたい」。ジェイソン・デイ(オーストラリア)、予選同組で回るリッキー・ファウラー(米国)などフィールドも豪華そのもの。さあ、いよいよ年明けだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【動画】PGAツアー伝説の名場面 リー・トレビノのホール・イン・ワン
【スイング解説】堀琴音のタイミングが狂いづらい秘密とは?
規格外のゴルフテーマパーク 日本初のPGAツアー公認ショップがオープン